ドライオーガズムのコツ

セックスの際に絶頂を迎えたときにおちいるのが、オーガズムと呼ばれる状態です。
女性と男性とで感じ方に違いがあり、両者には共通点がないと思われてきましたが,ある方法を習得すると、男性も女性に似たオーガズムを感じることができるようになるのだそうです。
男性の場合、射精をすると同時に性的興奮は波が引くように一気に引いてしまいますが、女性の場合は何かをすれば一気に興奮が冷めるということはありません。
むしろ、女性は男性のように急激にオーガズムに達することはできず、時間をかけて徐々に性的興奮を高めていった末に、オーガズムに達することができるという特徴があります。
そのため、男性が女性をオーガズムへと導くためには、とことん射精のタイミングを引き延ばさなければならないということになります。
それがいわゆる前戯にあたり、いかにして女性の興奮を高めるかが腕の見せ所となります。

女性をオーガズムに達する一歩手前まで導き、挿入して自らがオーガズムに達する瞬間と、女性が同じくオーガズムに達する瞬間を合わせる工夫をしなくてはなりません。
これはやはり経験を積んでいかないと、なかなかできることではないでしょう。
ただし、オーガズムに達した女性の快感はすごいものがあり、時には失神したり、潮を吹いたりする事もあります。
一瞬で引いていく快感と比べると、男性も女性のような強い快感を味わえるオーガズムを体験してみたいと思うのではないでしょうか。
女性には、強烈な快感を味わうとされるGスポットという部分がありますが、これは実は男性にもあるのです。
それがアナルから少し先に入ったところで、ここを刺激することで射精を伴わない、いわゆるドライオーガズムに達することができるのです。
ドライオーガズムは、アナルから感度の高い場所を刺激することによってすぐに得られるかというと、そうではありません。

他サイトからの感想を一部ご紹介します。

私個人のドライオーガズム体験談

わんわんお~~~~

わんわんお~~~~~~

ほるへべん~~もひひゃひゃひゃひゃ~~~~~~

最初は違和感の方が強いので、快感を得られるようになるには、慣れも時間も必要です。
パートナーの女性に手伝ってもらうにも、おそらく女性の方も男性のオーガズムは射精の瞬間だと思っていて、ドライオーガズムというものがあるということを知らない人がほとんどでしょう。
そこで、どうしても女性のような深くて長い快感を味わいたいのであれば、風俗を利用してみるのもおすすめです。
風俗の女性は、男性をドライオーガズムに行きつかせるだけのテクニックを持っていますので、自分でもなかなかどうしていいかわからない場合、風俗嬢にすべてゆだねてしまうことで、新たな快感に身を預けることができます。

dryheader6
【参考資料】ドライオーガズムができるようになると風俗代や上記画像のようなアダルトグッズの購入費など、すべてが抑制されるので、結果としてお金を稼ぐことと変わらないという見方も出来ます。

ドライオーガズムに達した男性は、まるで女性のように声をあげ、悶えてしまうということですので、あまりパートナーには見せない方がいいかもしれません。
パートナーとはノーマルなウェットオーガズムで満足しておき、ひそかな楽しみとして、風俗嬢とドライな快感を味わうようにしておけばいいのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。