ドライオーガズムについて正直に思う所

思わず生唾を飲み込むような経験をしたことはありますか?
それは特に性的な理由があってのことだったり、新しいことにチャレンジする場合によくあることです。
私の場合は、前立腺刺激を試してみようと思ったことがこれにあたりました。
きっかけは友人が性感エステに通っていて、そこでえもいわれぬような至福の体験をしたと自慢げに語っていたことです。
彼に聞いたら、男性のアナルには前立腺を刺激するポイントがあり、そこを的確にマッサージすると、すさまじいばかりの快感が得られるとのことでした。
自分でもいろいろ調べ、それがドライオーガズムのことだとわかったら、後は矢も盾もたまらずにオナニーをしている自分がいたのです。
前立腺を刺激するオナニーは初めての経験であり、専用の器具をネットで購入して行ったのですが、最初はあまり気持ちよくありませんでした。
しかし、ある時を境に開眼し、「ふほっほおお」などと声を出して絶頂を迎えることができ、一つの道が開けたわけです。
この時私は射精による絶頂ではなく、精液を放出することなく達しました。
それは、ペニスによる刺激ではなかったこともあり、新鮮で斬新な感じがしたのです。
ちゃんと調べてみたら、ドライオーガズムは射精の数倍の快感が男性の全身を襲うもので、しばらくは放心状態になるとの記述がありました。
私はまさにこれを体感し、真の意味での絶頂を迎えたわけです。
これを感じられるようになってから、私の中で何かが変わりました。
アナルの快感に目覚めたといえば別の意味にもとれますが、私に同性愛の気はありません。
しかし、この時の絶頂感は何にもかえがたく、器具を用いてはそれを味わう毎日が続いています。
どこを刺激すればイキやすいかなどは自分でわかっているので、絶頂のタイミングも自由自在なのがうれしい所です。
最近はオナニーだけでは飽き足らず、専門の技術を持った風俗嬢がいると話題の性感エステにも足しげく通うようになりました。
この手のお店はここ最近どんどん増えており、アナルで射精以上の快感が得られると評判になっています。
行き着けのお店で女の子を指名するまでは普通の風俗と変わりませんが、ここでは基本的に女の子の技術力が高いです。
それは実際にサービスを受けてみるとよくわかりますが、彼女たちはきちんとお店側から教育を受けており、お客が確実にドライオーガズムを感じられるようにテクニックを磨き続けています。
今まで射精による快感しか知らなかった私が、ドライオーガズムを感じるようになって、アナルでのオナニー、アダルトグッズの購入、性感エステまで一気にやれてしまいました。
これは、性に関しての欲求が体を突き動かした結果です。
射精をしないで絶頂に行き着くこの状態について正直に思ったのは、男性の体の中にはまだまだ未知の領域が眠っていて、開発の余地があることでした。
私も未熟者ですが、もっと自分の体について研究し、より上の快感を目指したいです。

コメントは受け付けていません。